土日即日融資できるキャッシング

キャッシングの申込みが必要になったのが土日・祝日の場合、少し慌ててしまう人もいるようです。

 

土曜日や日曜日は、銀行が休みなので、自分の口座に振り込んでもらうこともできませんし、金融機関である消費者金融や信販会社もお休みなのではないか、と考えるからです。

 

ここでは、土日・祝日でも確実にキャッシングに申し込め、さらに、即日融資を実現するためのポイントについてご紹介します。

 

 

■土日・祝日の即日融資は、時間との戦い!

 

土日・祝日のキャッシングの申込みで重要になるのは、

 

 「いかに早く行動するか?」

 

です。

 

土日・祝日でも営業しているキャッシング会社はありますが、平日よりも営業時間が短いのが一般的です。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合、平日の営業時間が9:00〜21:00であるのに対し、土日・祝日については、9:00〜17:00までとなっています。

 

消費者金融大手のプロミスについても、平日は20時まで審査をしてもらえますが、土日・祝日は18時までとしています。

 

できるだけ早く申し込みを済ませ、カード発行を受けるのが、土日・祝日の即日融資のポイントになります。

 

 

■土日・祝日は振込キャッシングは不可能!

 

キャッシング会社によっては、ネットバンキングを利用し、土日・祝日でも振込キャッシングができる場合がありますが、通常は、土日・祝日の振り込みは不可能と考えておいたほうがいいでしょう。

 

そのため、カードローンの申込みが済んだら、キャッシング会社の自動契約機に行き、そこでローンカードの発行を受ける必要があります。

 

ローンカードの発行を当日に受けられれば、あとは、コンビニのATMなどを利用して、融資を受けることができます。

 

キャッシングの申込みに必要なものは、50万円以下の少額の希望額の場合は「運転免許証」だけです。

 

1社から50万円を超える借入を希望する場合は、他社との借入額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類が必要になることもありますので、公式サイトで確認しておくといいでしょう。

急な冠婚葬祭にプロミス

ほんとに突発的に困るのが、親戚の不幸があったとき。
消費者金融というと、あまり良いイメージはないが、
プロミスならウェブポイントサービスの申し込みをすれば
借りて30日以内の返済ならば、金利がつかない。
しかもコンビニから返済できるので、給料前などに突然の不幸などが
あったときには、本当に助かる。しかも地方の銀行のキャッシュコーナーからも
借り入れることができるので便利。
以前はバブル期の影響で貸し付けの金利も高かったが、今は金利が安いため、
ずいぶん借りやすいし、銀行の総合口座で児童貸付で借りたとしても、
金利はとられるので、30日以内に返済すれば金利のつかないサービスは
とてもありがたい。金融恐慌で倒産してしまった消費者金融業者が多い中、
三井住友銀行のグループとして経営を立て直したプロミス。
やはり、顧客本位の営業・サービスが金融会社の存続には大切なのだと思う。
利息を取り立てるばかりが金融業の仕事ではない。
借りたものを返さない客には容赦はしてほしくはないが、きちんと返す顧客には
このようなサービスをどんどん適用していただきたい。

銀行カードローンについてはhttp://xn--2014-ul4cygsjubwec1896vsuza.com/をご覧下さい!

国からお金を借りる

私たち国民は、勤労の義務を負い、労働の対価である給与の一部を国に税金として納めることで、日本という国家が成り立っています。

 

その国から「お金を借りる」というと違和感を感じるかもしれませんが、さまざまな形で融資制度が設けられています。

 

代表的なものは、民間の金融機関の補完を目的とする「日本政策金融公庫」などになります。

 

民間の金融機関からの融資が受けれない方をサポートするための「セーフティーネット機能」の役割を持った金融機関です。

 

金融秩序が混乱したときや大規模な災害が発生したときに、曲的に融資を行う金融機関です。

 

ここでは、民間の金融機関以外の、国や自治体による融資制度について説明したいと思います。

 

 

■個人事業主の方は国の「普通貸付制度」を活用!

 

個人事業主や会社経営者の方は、毎月の資金繰りに頭を悩ましているかもしれません。

 

そのようなときは国の普通貸付制度を利用し、事業に必要な資金を調達することができます。

 

普通貸付制度を利用した場合、融資限度額は4800万円、5年から20年かけて長期的に返済していくことになります。

 

担保や個人保証が必要になる場合もありますが、低い金利で資金調達できる点に魅力があります。

 

 

■地方自治体による融資制度について

 

個人事業主や会社経営者をサポートするのは、国ばかりでなく、都道府県や市区町村などの制度もあります。

 

商工会議所や商工会に問い合わせると分かりますが、事業資金をはじめ、さまざまな用途に対応した融資制度があります。

 

 

■国や地方自治体の融資制度の問題点について

 

国や地方自治体の融資制度には、「低金利で融資が受けられる」という魅力がある一方、融資までの時間が2〜3週間かかることが問題となります。

 

スピーディーな融資が必要なときは、消費者金融や銀行カードローン、またはビジネスローンなども活用する必要があります。

 

目的や用途に応じた融資先を選ぶことが、事業を行う上で大変重要になります。

急な出費をプロミスに助けられました。

先日通勤途中で冬道に滑ってしまい、何と骨折してしまったのです。
その日は会社をお休みしたのですが、診察が終わり治療費を支払う時に持ち合わせのお金が全然無い事に初めて気付きました。
丁度、給料日前でしかも貯蓄など全然無いのです。
困ってしまい、途方に暮れていると病院前にプロミスの看板が見えました。
これしかないと急いでプロミスに行ったのです。
プロミスは初めての利用だったので、お金を貸して貰えるか緊張しましたが簡単な審査でしかも短時間で借りる事が出来たのです。
安心して治療費の支払が出来ました。
それから何度か通院したのですが、その度プロミスのお世話になりました。
そして、給料日になり、やっと返済出来たのです。
今回は急な出費で大変困りましたが、プロミスのお陰で凄く助かりました。
頻繁にお金を借りるのは良くない事ですが、緊急時には大変便利で助かります。
これからは急な出費の為に少しづつ貯蓄をしようと心から思いました。